TOEIC 試験概要

TOEICの試験概要記事一覧

TOEIC試験を受ける場合に限った話しではありませんが、試験を受ける場合は何かしら目標を持って資格試験の勉強を始めないと長期的な試験勉強のモチベーションを保つことは難しくなるので、最初は小さな目標でも良いのでTOEIC試験を通した目標を立てる必要があります。TOEIC試験を受ける目的は人によっていろいろだと思いますが、スコア制度というメリットを活かして、自分にどれくらいの英語力があるのか調べるため...

TOEICは英語試験の中でも特に就職や転職をする際の強みとして試験を受ける人が多いという特徴がありますが、このように就職や転職にTOEICを活かそうと考えている人が多い理由の裏にはTOEICのスコア制度と大きな関わり合いがあります。TOEICは一般的な試験と違って、試験を受けたところで合格することもなければ不合格することも無い、ちょっと変わった試験として知られていますが、TOEICは試験を受けると...

高校を卒業して大学に入学すると、TOEIC試験を受ける人が周囲で見られるようになりますが、自分が中学や高校で培ってきた英語の知識がどれくらいあるのか確かめるという理由でTOEICの試験を受ける人がいれば、就職活動に向けてTOEICの試験を受ける人など同じ大学生でもTOEICを受ける目的には相違がありますが、どのような理由でTOEICの試験を受ける場合も最初はいろいろと分からないことがあると思います...

TOEICの試験はリスニングとリーディングに分かれていますが、リスニングとリーディングだけというよりは、スピーキング能力やライティング能力があってこそのリスニングやリーディング試験となっています。そのため、TOEICの試験に必要なのはリスニングとリーディング能力はもちろんのこと、試験内容には含まれていないライティング能力やスピーキング能力もTOEIC試験には必要不可欠と言えるでしょう。ちなみにTO...

TOEICの試験を受ける人の中には、これまでに英語を専攻してきたこともあって英語には自信があるという人や中学校や高校で英語の学習を可能な限り避けてきたので、英語に対しての知識がほとんどない状態でTOEICの試験を受ける人も中にはいるかもしれません。英語の得意や不得意に限らず、いきなりTOEICの試験を受けると時間配分や見慣れない試験内容に戸惑い思ったような成果が残せない場合があるため、少しでも成果...

TOEICはスコア制ということもあって、人によって目標としているスコアに違いがあるため、700点を目標としている人もいれば、900点を目標としている人もいるわけですが、700点を取るための勉強量と900点を取るための勉強量では大きく勉強量が異なってくるため、それだけ勉強に費やすお金や時間は違ってくることになります。TOEICで良スコアを残すために英会話教室に行く人もいれば、高いTOEIC教材を購入...